BLOG

 

ブログ一覧

型紙

これ、ガラスをカットするとき使用する型紙です。レザークラフト用のもので、合成の渋紙を使っています。


ステンドを習い始めた時から、型紙はずっとこれなので他を知らないのですが、よく、コピー用紙などの普通紙を使う方も多いと聞いたことがあります。紙ですとっ⁉って初めは驚きました。渋紙は水に濡れてもふやけたり歪んだりちぎれたりしないので、水を使いながら削るルーターがけの作業時には渋紙が最適だと思っていたもので。でもきっと、紙でもいける方はたぶんカットがとても上手いんだと思う… 私はけっこうルーターに頼る部分も多いので、型紙通りの形まで攻めていくには、紙だと絶対にもたない…

で、これを貼って型紙の際まで、初めはガラスカッターでカットし、カットしきれなかった所をルーターで削ります。そこでこの一連の作業になるといつも思い出すのが、この技法を教えてくれた師匠の言葉。「型紙をそのままガラスだと思え」という、特に何だという訳ではないフレーズではありますが、これ、実につくづくそう思うんです。この型紙作りは、地味ですがとても要の作業。この型紙をしっかりとれるかどうかで、後々の作業がかなり変わります。細かいパーツの集合や入り組んだ部分などは、適当にやってもガラス上手く入らないので。下手するとせっかく考えたデザインの線や形をやむを得ず変更することにも。特に細かいデザインになるほど、現場合わせも何十か所やってもしんどいし、時間はダラダラかかるし、結果もう二度と作りたくないwってなります。

逆に、しっかりデザイン通りにガラスも組めて完成できると、次の作品が変わります。このカットはできないからと初めから線に制約をかけずにデザインしてゆけるというものです。

 

毎回毎回、型紙を切り切りしている時、師匠の言葉を思い出し、ホントそうよね~とつぶやきながら作業してます。

 



↑これは抜き切りした線。奥が型紙。

この線の幅は、隣り合うガラスの状況やハンダのキャラクターによって、微妙に変化させながら切ります。

その匙加減は、何作か創っていくうちに、自分の感覚でちょうどいいところを見つけられるようになります。

あ、この線はもちろんゴミです、作業には使いません。


2020年01月26日

ミラー完成

 

前回載せたハンダ前の画像のその後。

ハンダ、パティーナ終了、そしてパーツくっつけて完成です。


↓全体はこんな感じ。右側の濃いグレーは、今は手に入らないフィッシャー社のもの。

画像では分かりづらいと思いますが、なんともいえない上質な質感と色味です。同じようなものありそうでなかなかない。

 

 

↓右上から窓越しに太陽光入った状態。

 

近日中にクリーマにて販売予定です。ご興味ある方はのぞいてみて下さい(*^^*)

2020年01月14日

今年もよろしくお願いします、とハンダ前画像

あけましておめでとうございます。

久々に、ブログで年始のご挨拶をする事ができました。

昨年までは、なかなか制作ペースの上がらない様々な事情がありましたが、

今年は昨年よりは状況も整いつつあるので、楽しくモノづくりしていけたらと思います。

今年もよろしくお願いします。

 

 

さてさて。
こちら、年末に制作していた作品の一部。 この"テープ巻き終了ハンダ前"の段階、工事現場っぽい感じが相変わらず好きです。

ピース同士のカットラインがバッチリ合ってたりすると、ちょっと嬉しくてにやけます(^^) 

カッパーテープ(銅色の光っているやつ)がライトに反射して、ポジとネガが逆転して見える感じとか、実は毎回かなりの量写真撮って一人でにやけてます。ちょっとしたオタクです、はい。

 

最近スマホを新調したところ、カメラ機能がいろいろ増えてて、楽し気なエフェクトがちょいちょいあって、質感高めの画が撮れちゃったので載せてみます。

 

 

この後、ちょっと手を入れてハンダして完成します。

 

実は、昨年は少々投稿内容を悩む事がありまして、自分としてはいいなぁと思う画像もいくつかあったのですが、考え過ぎちゃって出し切れず…


というのも、一昨年あたりからおかげ様で、たま~~になのですが、作品や技法についてお問い合わせ頂く事がありまして、


直接習いに来て下さった方もいらしたのですが、メールなどの画像のやり取りのみで教えてほしいという要求もありました。


技法的な事をブログに書いて行けたらと思ってもいたのですが、それはまあ、こんな感じで制作してます風景としてブログに載せたい訳であり、

しかもそれは、あくまでデザインから完成までの長い長い道のりのほんの一部である為、実際それを文章でお伝えするとなると、とても大変です。

その工程の前後の状況によっても、選ぶ技術は様々に変化しますので、実際2~3枚の画像で完璧に説明できるものなど滅多にないですよね。

 

という訳で、丁重にお断りしてみたのですが、だったら気軽にブログやSNSに技法を投稿してるのなんなん?とも思ったりで一人密かに地味に悩んでました('◇')ゞ。

それこそ、一から全ての制作工程を動画とかで全部見せてこー!ってすれば⁉とか頭に一瞬よぎりましたが、今のところ、現状はいろんな意味で難しい状況。

 

現在、レギュラーの生徒さんの募集は行っていないのですが、もし当アトリエの技法を習得されたいとお考えの方がいらっしゃいましたら、10回くらい通って頂き小ぶりなパネル1枚制作、というコース(4000円/1回2~3時間、定員1名)はご用意できますので、お問い合わせ下さい。

 

とにかく、

不定形な際どいカットのガラスも、配置やテープの分量や全体の荷重のかかり方などによって、割れるもの割れないものあります。今回の画像の中にも、別のデザイン構成だったらもたないピースもあります。という事だけはお伝えしておきます(。-人-。)

今後も特に画像中の技法について細かな説明はしないと思いますが、技法よりも、ステンドグラスでも自由に線を描けるんだ~、というところを感じて頂けたら幸いです。

 

新年早々長々と、まとまりのない文章をお読み下さりありがとうございました。

 

次は完成したものアップします~

 

2020年01月06日

白と深紫のガラスシェード-つづき-

前回投稿ではちょっと分かりずらい感じだったので、補足的な画像をいくつか掲載してみます。

 

↑ハンダが終わって、箱型に組む前の段階

 

↓光を透過するとこんな感じに。



これを組んで、

天井部分にもちょいと色をちらして、↓こんな感じに。

 

 

四面違うのはいいけれど、画像で伝えるのは大変ですね。

 


2019年11月01日

白と深紫のガラスシェード

お久しぶりの更新となりました。。。

体調と相談しながらマイペースにコツコツと制作しておりました(*'▽')

で、やっとできた照明。ペンダントライト用シェード。

 

 

↓消灯時はこんな感じ。悪くないかと。

 

 

↓アップ~

乳白色ガラスと泡入りクリアガラスの使い分けも悪くないかと('◇')ゞ。。


 

実はこれ、四面ぐるりと一周で一つのデザイン。

反対側はこんな感じ↓

 

なのでどうでもいい情報ですが、写真撮影が大変でした('◇')ゞ


それぞれの角度でベストショットを~、とかやってたらえらい枚数になったもんで…

 

はい。↑というわけで結局、今回の投稿では、あまり美しくない下からのこのショットで、

何となく全体のどうなってる感をお伝えするまでとなりました。

 

まあ、一粒で二度三度おいしい、という照明ができました。

こちらも、ハンドメイドサイトクリーマにて販売しております。

よろしければ覗いてみて下さいませ。↓

2019年10月25日
» 続きを読む